図鑑追加・充実250種new春花壇にむけて11月の過去記事

チャノキ

ツバキ科 ツバキ属

Camellia sinensis

〔基本情報〕高さ1~2mほどの常緑低木または小高木。
若い枝は緑色です。
葉は互生する単葉で、長さ5~9cm、幅2~4cmの楕円形です。
葉には厚みがあり、表面は濃い緑色で光沢があります。
葉の縁には鈍い鋸歯または波状の鋸歯があります。
葉の主脈と側脈は表側で著しく凹み、裏側に隆起します。
葉の裏側にははじめ長い伏した毛がありますが、のち無毛となります。
葉柄は長さ3~7mmです。
花は枝先の葉腋かその下方の葉芽の最下鱗片葉の腋に単生します。
花は下向きに咲き、径2~3cmで白色、花弁は円形で先がくぼみ、5~7枚あります。
花柄は長さ1.2~1.4cmで下向きにかぎ状に曲がります。
雄しべは多数あります。
果実は蒴果で径1cmで球形、果皮は厚く、中に褐色の種子がはいっています。
果実は熟すと裂開します。

〔来歴〕はじめは薬用植物として渡来し、鎌倉時代から広く飲み物とされ、茶道などの文化をうみました。

〔栽培〕増殖は実生、挿木によります。
種子は乾燥させると発芽率が極端に落ちるので、とりまきとするか、乾燥させないように貯蔵します。
日向~半日陰で育ちますが、西日があたる場所や暗すぎる日陰は避けたほうがよいです。
栽培適地は東北地方南部より南で、寒さに弱く、低温や霜にあたると枯れることがあります。
冬の北風も避けます。
水はけがよく深い土を好みます。
根が深くまで伸びるので、地植えの場合、根づいた後の移植は難しいです。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます。
庭植えの場合は根づいてしまえば、ひどく乾燥しないかぎりは特に必要ありません。
施肥は早春に緩効性肥料を施します。
萌芽力が強く刈り込んで生垣などにしますが、花芽は初夏~夏にできるので、剪定する場合は新芽が出る前の4月頃がよいです。
病虫害としては白紋羽病、チャドクガ、カイガラムシなどがあります。
特にチャドクガは触れただけでも皮膚がかぶれるので注意が必要です。
名前 チャノキ (茶木) 、チャ (茶)
tea、tea tree、tea plant
花咲く季節 ? 10月、11月、12月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 中国南西部、台湾、ミャンマー北部、ラオス
生活型 ? 低木、小高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 1000〜2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5;7
花の色 ?
花径 ? 20〜30mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 非耐寒性
用途適性 ? 盆栽、鉢植、生垣、切花
病害 ? 白紋羽病
虫害 ? チャドクガ、カイガラムシ
文化との関わり ? 茶道
検索サイトの検索キー ? チャノキ
エバーグリーンポストでの記事 [チャノキ]インスタ映えするちっちゃなガーデニング〜ちょっとコケ玉風・プチ盆栽のご紹介|ツバキ科ツバキ属|エバーグリーン