変わった朝顔も見られますnewいいね!しよう7月の過去記事

カラタチバナ

サクラソウ科 ヤブコウジ属

Ardisia crispa var. crispa

〔基本情報〕常緑樹林内でみられる常緑小低木。
高さ20~100cmほどで茎は直立して、枝分かれはしません。
匍匐茎があります。
葉は互生する単葉で、長さ8~20cm、幅1.5~4cmの狭卵形で先がとがり、縁には波状の歯牙があります。
葉は表面に光沢があり、質が厚く、両面とも無毛か裏面にのみ細かい鱗片毛があります。
葉柄は長さ8~10mmです。
葉腋または鱗片葉の腋から散形花序を出し、10個ほど花をつけます。
花は径7~8mmほどで白色、花冠は5裂して先が反り返ります。
果実は径6~7mmで球形、赤く熟します。

〔来歴〕冬にも葉が青々としていて、冬に赤い実をつけることから、古くから縁起のよい植物として正月の床飾りにされます。
古典園芸植物のひとつで、ヤブコウジやマンリョウとともに江戸時代には葉の変化や果実の色の違いなど多くの園芸品種がつくられました。
明治にはいっても人気は継続しましたが、現存する園芸品種は多くはありません。

〔利用〕地上部は薬用にされます。

〔栽培〕増殖は実生、接木によります。
実生の場合は完熟した果実から果肉を完全に取り除き、種子だけにして取り播きとします。
開花までは3~4年かかります。
明るい日陰で水はけがよく適度に湿った肥沃な土壌で、強風があたらない場所が適します。
冬は寒風が当たらないようにし、寒冷地では防寒します。
鉢植えの場合は土の表面が乾いたら水を与えます。
庭植えの場合は極端に乾燥しないかぎり水やりは必要ありません。
多湿になると根腐れをおこします。
施肥は特に必要ありません。
病虫害としてはハダニがあります。

〔備考〕百両金という別名は江戸時代の寛政年間に変わった園芸品種が百両単位の高額で取引されたことによります。
名前 カラタチバナ (唐橘) 、ヒトモトマンリョウ 、ヒャクリョウ (百両) 、ヒャクリョウキン (百両金) 、コウジ (柑子) 、タチバナ (橘)
花咲く季節 ? 7月
実のなる季節 ? 1月、2月、3月、11月、12月
分布または原産地 ? 日本(本州:茨城県および新潟県以南、四国、九州、琉球)、台湾、中国中南部
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、10月、11月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 200〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 波状、歯牙
花のつき方 ? 散形花序
花の色 ?
花径 ? 7〜8mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、接木
日照条件 ? 半日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? グラウンドカバー、盆栽、鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
虫害 ? ハダニ
有用 ? 薬用
物日の関わり ? 年中行事 元旦
日本花き取引コード ? 21894
検索サイトの検索キー ? カラタチバナ
エバーグリーンポストでの記事 一、十、百、千、万って!?