3/15をもってサービスを停止いたします パパイヤnew

ツリフネソウ

ツリフネソウ科 ツリフネソウ属

Impatiens textorii

〔基本情報〕
山地の湿った所にはえる高さ50~80cmの一年草。
茎の節が膨らみます。
葉は互生する単葉で、長さ6~14cm、幅4~7cmの菱状楕円形となり、葉の縁には鋸歯があります。
長さ1~5cmの葉柄をもちます。
葉腋から総状花序を斜上させ、7~8個の花をつけます。
花序の軸や花柄に赤紫色で突起状の毛がはえます。
花は長さ3.5~4cmの筒状で紅紫色です。
花の内側には紫色の斑点があります。
花の後ろ側に蜜をためる距があり、距の先端は渦巻き状にまきます。
茎の下部の葉腋には、つぼみのままで受粉し、果実になる閉鎖花がつきます。
果実は長さ1~2cmの紡錘形の蒴果で、熟した果実にふれると裂けて種子が飛び散ります。

〔利用〕
全草を薬用とします。

〔栽培〕
増殖は実生により、とりまきとします。
こぼれダネでもよく増えます。
半日陰で水はけ水もちがよく、適度に湿り気のある土壌を好みます。
地植えの場合は落葉樹の下に植えるとよいです。
水やりは水切れに注意し、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は春と開花後のお礼肥えとして緩効性肥料を置き肥します。
病虫害は特にありません。
名前 ツリフネソウ (釣舟草)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、中国東北部、極東ロシア、国後島
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
草丈・樹高 ? 500〜800mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ? 紫、桃
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 半日陰
水分の必要性 ? 湿潤
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 16732
検索サイトの検索キー ? ツリフネソウ
エバーグリーンポストでの記事 [ツリフネソウ]マイナスイオンを好む花!? ツリフネソウとキツリフネ|ツリフネソウ科ツリフネソウ属|エバーグリーン