筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

タマアジサイ

アジサイ科 アジサイ属

Hydrangea involucrata var. involucrata

〔基本情報〕
山地の流れに沿った肥沃地や斜面などに群生する高さ2mほどの落葉低木。
株元からよく枝分かれします。
葉は対生する単葉で、長さ10~25cm、幅4~12の長楕円形~倒卵形で、縁には歯牙状の細かい鋸歯が多数あります。
葉の両面にかたい毛がはえ、ざらつきます。
葉柄は長さ1~9cmです。
枝先に集散状の花序を出し、つぼみのうちは数枚の総苞に包まれ球形で、花序の展開とともに苞が脱落します。
花序の軸には白い毛が密にはえます。
花序は周辺に白色~帯紫白色をした3~5弁の装飾花をもち、中央に淡い紫色の両性花を多数つけます。
両性花は5弁花で花弁は散りやすく、雄しべは10本で紫色を帯びます。
果実は径3㎜ほどで球形の蒴果で、花柱が残ります。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木によります。
日向~半日陰で水はけと水もちがよい湿潤な土壌を好みます。
日陰には耐えますが花つきが悪くなります。
土が極端に乾燥するところや強い西日が当たるところは適しません。
水をよく吸うので水切れを起こさないように、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は年2回、寒肥と開花後のお礼肥として、緩効性化成肥料を施します。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
蕾のときに花序が数枚の総苞に包まれ、球形をしていることにちなんだ名です。
名前 タマアジサイ (球紫陽花)
花咲く季節 ? 7月、8月、9月
分布または原産地 ? 日本(本州:福島県~岐阜県の太平洋側山地)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、10月、11月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯、歯牙
花のつき方 ? 集散花序
花弁の数 ? 5
花の色 ? 青、紫、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
日本花き取引コード ? 22651
検索サイトの検索キー ? タマアジサイ
エバーグリーンポストでの記事 [タマアジサイ]今時期から夏の終わりまでなが〜く愉しめます|アジサイ科アジサイ属|エバーグリーン