ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

ハゼラン

ハゼラン科 ハゼラン属

Talinum paniculatum

〔基本情報〕道端や人家近くの石垣のすき間などでみられる高さ30~80cmの一年草。
茎や葉は多肉質で、やわらかくなめらかです。
茎は円柱状で、まばらに枝分かれします。
葉は互生する単葉で、長さ3~10cm、幅1.5~5cmの倒卵形で、全縁です。
茎の上部に大きな円錐花序を出し、多くの花をつけます。
花は径6~7mmで紅紫色の5弁花です。
花は午後3時ごろに咲きます。
果実は径3~4mmの球形の蒴果で、熟すと裂けます。

〔来歴〕明治初期に観賞用として導入されました。

〔利用〕熱帯では葉をゆでて食べます。
名前 ハゼラン (爆蘭) 、シュッコンハゼラン (宿根爆蘭) 、サンジソウ (三時草) 、ハナビグサ (花火草) 、サンジカ (三時花) 、コーラルフラワー
fameflower、Jewels-of-Opar、pink baby's-breath
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 西インド諸島
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 3000〜8000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 円錐花序
花弁の数 ? 5
花の色 ? 紫、桃
花径 ? 6〜7mm
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 14327
検索サイトの検索キー ? ハゼラン
エバーグリーンポストでの記事 [ハゼラン]かわいいハゼラン|ハゼラン科ハゼラン属|エバーグリーン