難を転じるnew1月の過去記事インスタ

アカザカズラ

ツルムラサキ科 アカザカズラ属

Anredera cordifolia

〔基本情報〕
常緑つる性多年草ですが、日本では冬は地上部が枯れます。
茎も葉も多肉質です。
塊茎をもちます。
つるは長さ3m以上になり、若いうちはしばしば赤みを帯びます。
自生地では、高さ40mにも達して非常に重いつるとなり、絡んだ樹木の枝を折ったり、倒すことがあります。
葉は互生する単葉で、長さ2~15cm、幅1.5~10cmのハート形となり、全縁、明るい緑色で光沢があり、葉柄をもちます。
葉腋にむかごがつきます。
葉腋から長さ6~30cmの穂状の総状花序を出し、白~クリーム色で芳香がある径5mmほどの花を多数つけます。
果実は球形の石果で、肉質の花被に包まれ、熟すと暗褐色または黒色になりますが、ほとんど結実せず、むかごで繁殖します。

〔利用〕
葉酸、ビタミンA、ミネラルを多く含み、加熱するとぬめりが出てワカメのような食感となり、食用にされます。
葉や茎のほか、むかごや塊茎も食べられます。

〔栽培〕
増殖はむかご、挿芽によります。
冬に霜が降りる地域では地上部は枯れますが、根が凍らなければ、春に再び芽吹きます。
暖地では盛り土や敷き藁などでマルチングをして越冬させ、寒冷地では鉢植えにするか、塊茎やむかごを保管して翌春に植えつけます。
日当たりと風通しがよく、水はけのよい土壌であれば、土質はあまり選びません。
強健で栽培は容易です。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与え、地植で根づいた株であればある程度乾燥に耐えるので、真夏に晴天が続いて乾燥しない限りは降雨にまかせます。
施肥は元肥を施すほか、春~秋まで緩効性化成肥料を月に1回施します。
病虫害は特にありませんが、室内で鉢植えで栽培する場合はアブラムシ、ハダニが出ることがあります。
名前 アカザカズラ 、マデイラカズラ 、ツルアカザ 、オカワカメ 、ウンナンヒャクヤク (雲南百薬) 、リュウキュウヒャクヤク (琉球百薬)
Madeira-vine、mignonette vine、heartleaf madeiravine
花咲く季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 南アメリカ
ハーディネスゾーン ? 9a〜11b
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ? 黄白、白
花径 ? 5mm
花序の長さ ? 60〜300mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿芽
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、耐乾性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園、壁面緑化
虫害 ? アブラムシ、ハダニ
食用 ? 葉、茎、球根
有用 ? 食用
日本花き取引コード ? 81100
検索サイトの検索キー ? アカザカズラ
エバーグリーンポストでの記事 [ムカゴ]お庭レシピ 第34回 ムカゴ飯|エバーグリーン

「アカザカズラ」への投稿写真