筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ジュズサンゴ

ヤマゴボウ科 ジュズサンゴ属

Rivina humilis

〔基本情報〕
0.4~2mほどになる常緑多年草。
半つるの低木状になり、茎は緑色で、上部でよく枝分かれします。
葉は互生する単葉で、長さ3~8cm、幅2~4cmの卵形です。
葉柄は1~3cmです。
葉腋から総状花序を出し、径4mmほどの花を多数咲かせます。
花には花弁はなく、花弁状の萼が十字に開き、萼は白色で先端がピンク色を帯びます。
果実は径5mmほどの球形の液果で光沢があり、赤く熟します。

〔来歴〕
日本には明治時代に小笠原の父島にはいったのが最初とされ、野生化しています。

〔利用〕
果実は染料として利用されます。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
こぼれダネでもよく増えます。
耐寒性が弱いですが、霜が下りない地域であれば戸外越冬可能で、根が凍らなければ地上部が枯れても翌春にまた芽吹きます。
日当たりと水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与え、夏の水切れには注意します。
肥料は控えめにし、春~秋に液肥を施す程度にします。
病虫害は特にありません。
名前 ジュズサンゴ
pigeonberry、rougeplant、baby peppers、bloodberry
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月
実のなる季節 ? 6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? アメリカ合衆国南部~熱帯アメリカ、西インド諸島
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、6月、7月
形状 ? 分枝、枝垂れ
草丈・樹高 ? 400〜2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? 酸性
耐候性 ? 非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、切花、苔玉、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
有用 ? その他クラフト
日本花き取引コード ? 69252
検索サイトの検索キー ? ジュズサンゴ
エバーグリーンポストでの記事 [ジュズサンゴ]陸の珊瑚粒〜ジュズサンゴ|ヤマゴボウ科ジュズサンゴ属|エバーグリーン