おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

タネツケバナ

アブラナ科 タネツケバナ属

Cardamine scutata var. scutata

〔基本情報〕
水田や道端などでみられる一年草または越年草。
葉腋から脇芽が出て多年草のようになる場合もあります。
茎は高さ10~30cmで、下部から枝分かれし、多少毛がはえます。
茎は暗い紫色を帯びることが多いです。
葉には根生葉と茎に互生する葉があり、長さ2.5~9cmの羽状複葉となります。
側裂片は1~8対あり、各裂片は長楕円形~円形で、先端の裂片は側裂片とほぼ同じ大きさか、やや大きいです。
花は総状花序につき、白色の4弁花です。
花弁は長さ3~4mmの倒卵形です。
雄しべは6本(まれに4本)です。
果実は長さ1~2cmの長角果で、直立します。
果実の中には1mmほどの種子が多数、1列に並びます。

〔備考〕
イネの種もみを水に漬けて苗代を作る時期に咲くことが名の由来とされます。
名前 タネツケバナ (種漬花、種浸花)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、東アジア~ヒマラヤ
生活型 ? 一年草、越年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ミチタネツケバナ
草丈・樹高 ? 100〜300mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 61267
検索サイトの検索キー ? タネツケバナ

「タネツケバナ」への投稿写真