ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

カブ

アブラナ科 アブラナ属

Brassica rapa var. rapa

〔基本情報〕根を野菜として利用する一年草または二年草。
根は扁球形~円錐形に肥大し、大きなものは直径20cmほどになります。
根の色も多くは白色ですが、紫、紅、緑、黄色などの品種もあります。
根出葉は互生し、長さ30~60cmの長楕円形~披針形、全縁または羽状に深裂するものもあります。
花茎につく葉は基部が茎を抱きます。
花は茎先の総状花序につき、黄色の4弁花です。
果実は長さ6cmほどの長角果で先端が嘴状にとがり、熟すと裂開します。
種子は球形です。

〔来歴〕紀元前からヨーロッパで栽培され、日本では8世紀には記録があり、かなり古い時代に中国もしくは朝鮮半島を経て渡来したと考えられています。
平安時代には重要な作物のひとつとなり、江戸時代に多くの栽培品種ができました。

〔利用〕おもに根を野菜として利用するほか、葉も利用します。

〔栽培〕害虫としてアブラムシ、アオムシ、ヨトウムシがあります。
名前 カブ (蕪) 、カブラ (蕪)
turnip
花咲く季節 ? 4月
生活型 ? 一年草、二年草
生活様式 ? 地生
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 79171
検索サイトの検索キー ? カブ
エバーグリーンポストでの記事 [イチョウ]古今東西 ご神木巡礼 その21 日本橋日枝神社|イチョウ科イチョウ属|エバーグリーン