椿文newインスタ8月の過去記事

センダン

センダン科 センダン属

Melia azedarach

〔基本情報〕海岸近くの林内にはえる高さ7~10mの落葉高木。
枝をよく広げます。
若い枝は緑色で、はじめ星状毛が密生します。
葉は枝先に集まって互生し、2~3回奇数羽状複葉となります。
小葉は長さ3~6cm、幅1~2.5cmの卵形~卵状長楕円形で先が急に尖り、縁には粗い鋸歯があります。小葉の基部は左右非対称です。
葉腋から長さ8~13cmの複集散花序を出し、多数の花をつけます。
花は径2cm程の5弁花で淡い紫色です。雄しべは10本で、筒状に合着します。
果実は長さ1.5~2cmの楕円形で淡黄色に熟します。

〔利用〕材はキリやケヤキの代用として、下駄、楽器、家具などに使われます。樹皮や果実は薬用になります。

〔栽培〕増殖は実生によります。
日当たりと水はけがよい場所を好みます。
栽培は容易ですが暖地性のため寒冷地には向きません。

〔備考〕「栴檀は双葉より芳し」ということわざの‘センダン’は、ビャクダンのことを指します。
名前 センダン (栴檀) 、アウチ (楝) 、オウチ
Chinaberry、Persian lilac、pride of India、bead-tree、white cedar、Cape lilac、Indian lilac、syringa berrytree
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 10月、11月
分布または原産地 ? 日本(四国、九州、小笠原諸島、南西諸島)、東~東南アジア
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 7000〜10000mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 複集散花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 20mm
花序の長さ ? 80〜130mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 非耐寒性
用途適性 ? 盆栽、切花、公園・庭園、街路樹、コンテナ
有用 ? 薬用、その他クラフト
日本花き取引コード ? 19409
検索サイトの検索キー ? センダン