木賊文newインスタ9月の過去記事

ヒルザキツキミソウ(広義)

アカバナ科 マツヨイグサ属

Oenothera speciosa

〔基本情報〕
原産地では岩の多い草原や道端、牧草地などでみられ、高さ30~60cmになる多年草。
匍匐枝を出して広がります。
全体に白色の短毛がはえます。
茎はよく枝分かれします。
葉には根出葉と茎に互生する葉があり、倒披針形~惰円形となり、縁に波状または歯牙状の鋸歯があります。
花は茎先の総状花序につき、径2.5~6cmほどになる白色~淡い紅色の4弁花です。
花は夜明け前に咲き、日中にもしぼまず残ります。
雌しべの柱頭は十字形です。
果実は棍棒状で8稜がある蒴果です。

〔栽培〕
増殖は実生、株分け、挿芽によります。
移植を好まないので、植える場所に直播きするか、ポットに播いて幼苗のうちに移植します。
日当たりと水はけのよい土壌を好みます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に晴天が続いてひどく乾燥しないかぎり降雨にまかせます。
肥料は与えすぎると葉ばかり茂ってしまうので、控えめにし、鉢植えでは元肥のほかに春に緩効性化成肥料を少量置き肥します。
地植えでは特に施肥は必要ありません。
病虫害は特にありません。
名前 ヒルザキツキミソウ(広義) (昼咲月見草)
pinkladies、pink evening primrose、showy evening primrose、Mexican primrose、amapola
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 北アメリカ南西部~メキシコ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 300〜600mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 波状、鋸歯、歯牙
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ? 桃、白
花径 ? 25〜60mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ヒルザキツキミソウ(広義)
エバーグリーンポストでの記事 [ユウゲショウ、ヒルザキツキミソウ]生い立ちが似ている〜ユウゲショウとヒルザキツキミソウ|アカバナ科マツヨイグサ属|エバーグリーン