筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ユウゲショウ

アカバナ科 マツヨイグサ属

Oenothera rosea

〔基本情報〕日当たりのよい道端などでみられる高さ20~40cmの多年草。
全体に白色の短毛がはえます。
茎は基部でよく枝分かれします。
葉には根出葉と茎葉があります。
根出葉はしばしば羽状に裂けます。
茎葉は互生する単葉で、長さ1~6cm、幅0.4~2.5cmの披針形です。
葉の縁は波状の鋸歯があるか全縁です。
花は茎の上部の葉腋に単生し、径1~1.5cmで淡い紅色の4弁花です。
花は午後から夜間にかけて開花します。
果実は棍棒状の蒴果で、熟すと先が4裂します。

〔来歴〕明治時代に観賞用に導入されました。
名前 ユウゲショウ (夕化粧) 、アカバナユウゲショウ (赤花夕化粧)
rosy evening-primrose、rose evening primrose、pink evening primrose、Rose of Mexico
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 北アメリカ南部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 200〜400mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 全縁、波状、鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 4
花の色 ?
花径 ? 10〜15mm
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 59897
検索サイトの検索キー ? ユウゲショウ
エバーグリーンポストでの記事 [ユウゲショウ、ヒルザキツキミソウ]生い立ちが似ている〜ユウゲショウとヒルザキツキミソウ|アカバナ科マツヨイグサ属|エバーグリーン