3/15をもってサービスを停止いたします パパイヤnew

文一総合出版

バッコヤナギ

ヤナギ科 ヤナギ属

Salix caprea

〔基本情報〕
丘陵地や山地でみられ高さ15mになる落葉高木。
樹皮は灰黒色で、材の表面にはふつう隆起線が出ます。
葉は互生する単葉で、長さ5~17cm、幅3~7cmの楕円形です。
葉の表面は葉脈に沿って凹んだしわがめだち、裏面には白色の縮れた毛がはえて粉白色を帯びます。
葉の縁にはふつう低い波状の鋸歯があります。
長さ1~2.5cmの葉柄をもちます。
新葉の縁は先端部以外が裏側に巻きます。
雌雄異株です。
花芽(冬芽)は大きく、紅褐色です。
花は葉の展開前に出る楕円形の花穂に密につき、雄花穂は長さ3~5cm、雌花穂は長さ2~4cmです。
花には花弁はありません。
果実は蒴果で、熟すと裂開して、柳絮(りゅうじょ)とよばれる綿毛に包まれた種子を出します。

〔利用〕
樹皮や葉を薬用として利用します。
材はまな板や船舶材などに利用されました。
名前 バッコヤナギ (跋扈柳) 、ヤマネコヤナギ (山猫柳) 、マルバノバッコヤナギ (丸葉跋扈柳) 、エゾノバッコヤナギ (蝦夷跋扈柳) 、コウライバッコヤナギ (高麗跋扈柳) 、マンシュウバッコヤナギ (満州跋扈柳、ナガバノバッコヤナギ(長葉跋扈柳))
goat willow、pussy willow、great sallow
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州:東北地方~近畿地方)、南千島、ユーラシア
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 15000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花序の長さ ? 20〜40mm
葉の色 ?
有用 ? 薬用、その他クラフト
検索サイトの検索キー ? バッコヤナギ