筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ナガエコミカンソウ

ミカンソウ科(コミカンソウ科) コミカンソウ属

Phyllanthus tenellus

〔基本情報〕道端や空き地でみられる高さ70cmをこえることもある一年草。
茎は直立して、よく枝分かれし、しばしば紫色を帯びます。
枝は水平にでて長さ3.5~22.5cmに伸び、枝が出る節の葉は鱗片状となります。
枝には9~35枚の葉が2列に互生し、一見羽状複葉のように見えます。
葉は単葉で長さ0.8~2.4cm、幅0.5~1.3cmの楕円形で、両面とも無毛です。
葉の裏面は粉白色です。
葉の縁は全縁です。
葉柄は長さ0.6~1mmです。
花には雄花と雌花があり、葉腋に1~6個ずつ束生します。
雄花・雌花とも花弁はありません。
果実は径2mmで球形の蒴果で、表面は平滑です。
果実は長さ4~8㎜の伸びた果柄の先につきます。
種子は表面にしわはなく、多くの小さな突起があります。

〔来歴〕1987年に神奈川県で確認され、その後各地で帰化が確認されています。
名前 ナガエコミカンソウ (長柄小蜜柑草) 、ブラジルコミカンソウ
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月、1月
分布または原産地 ? アフリカ、マスカリン諸島
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 700mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 束生
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ナガエコミカンソウ