筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

アブラギリ

トウダイグサ科 アブラギリ属

Vernicia cordata

〔基本情報〕高さ15mに落葉高木。
日本の山地でみられるものは、本来の自生かどうかはっきりしないようです。
葉は互生し、葉の上部が3浅裂するか単葉となります。
葉は長さ12~20cm、幅8~16cmになる卵形~広卵形で、裏面がやや白色を帯びます。
葉の縁には鈍い鋸歯があります。
葉柄は長さ6~20cmで淡紅色を帯び、柄のある腺体が2個、葉のつけ根の部分につきます。
花には雄花と雌花があります。
雄花序・雌花序とも枝先に出る円錐花序につきます。
雄花序は幅16~25cm、雌花序は幅9~12cmほどです。
雄花・雌花とも径約4cm、花弁の長さ1.5~1.8cmになる白色の5弁花です。
花は開花後しばらくすると、花弁の基部や雄しべが赤みを帯びます。
果実は長さ2~2.5cm、幅2.5cmほどで扁球形の蒴果です。
果実には3本の溝があり、熟しても割れません。
種子は長さ1.3cmの扁球形です。

〔利用〕種子から採れる油は桐油といい、塗料や印刷インキ、家具や漆器の艶出しなど工業用に使われます。
この油は毒性があるので食用にはなりません。
樹皮の浸出液はタンニンを含み、皮なめしや魚網の染料に利用されたようです。
材は下駄や器具材にされました。

〔備考〕葉や実がキリに似て、種子から油をとることに由来する名です。
別名のドクエ(毒荏)はエゴマ油(荏油)との対比とされます。
名前 アブラギリ (油桐) 、ドクエ (毒荏)
Japanese wood-oil tree、Japanese tung-oil tree
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 10月、11月
分布または原産地 ? 日本(本州:中部地方以西、四国、九州)、朝鮮、台湾、中国中南部
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 15000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 円錐花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 40mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? アブラギリ

「アブラギリ」への投稿写真