おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ナツトウダイ

トウダイグサ科 トウダイグサ属

Euphorbia sieboldiana var. sieboldiana

〔基本情報〕
林内や林縁、湿地でみられる高さ15~40cmの多年草。
根茎をもちます。
茎や葉を傷つけると白色の乳液が出ます。
茎は細く、直立します。
葉は互生する単葉で、長さ5~15cm、幅1~2.5cmの倒披針形~卵形です。
葉の縁は全縁です。
枝先に5枚の葉を輪生状につけ、ここから放射状に5本の花枝を出します。
花枝の先に三角形の苞葉が2枚つき、その中心に杯状花序を出します。
花は黄緑色の壺形の総苞に包まれていて、花弁はありません。
果実は球形の蒴果です。

〔利用〕
有毒植物ですが、薬用として用います。

〔栽培〕
増殖は実生、株分け、挿木によります。
挿木は切り口をすぐ水で洗うか水につけるなどして白色の乳液を洗い流し、切り口を乾かしてから挿します。
日当たりと風通し、水はけがよい土壌を好みます。
水やりは多湿にならないように注意し、鉢植えの場合は春~秋は土が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かしぎみに管理します。
地植えの場合は降雨にまかせます。
乾燥にはよく耐えます。
施肥は春と秋に緩効性化成肥料を少量施します。
病虫害としてはさび病、うどんこ病、カイガラムシがあります。
名前 ナツトウダイ (夏灯台) 、イズナツトウダイ (伊豆夏灯台) 、オオスミナツトウダイ (大隅夏灯台) 、ナンゴクナツトウダイ (南国夏灯台)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月、7月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州、伊豆諸島、四国、九州、南西諸島:奄美諸島以北)、朝鮮、中国
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月、10月、11月
草丈・樹高 ? 150〜400mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 杯状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐暑性、耐乾性
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園、コンテナ
病害 ? さび病、うどんこ病
虫害 ? カイガラムシ
有用 ? 薬用
検索サイトの検索キー ? ナツトウダイ