筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

文一総合出版

タカトウダイ

トウダイグサ科 トウダイグサ属

Euphorbia lasiocaula var. lasiocaula

〔基本情報〕草原や林縁でみられる高さ50~80cmの多年草。
細長い紡錘形の地下茎をもちます。
茎や葉を傷つけると白色の乳液が出ます。
茎は細く、直立します。
葉は互生する単葉で、長さ5~6cm、幅0.5~0.7cmの披針形です。
葉の縁には細かい鋸歯があります。
秋には紅葉し、茎も赤くなります。
枝先に5枚の葉を輪生状につけ、ここから放射状に5本の花枝を出します。
また、茎の上部の葉腋からも花枝が出ます。
花枝の先に卵形の苞葉がつき、その中心に杯状花序を出します。
花は黄緑色の壺形の総苞に包まれていて、花弁はありません。
花序につく腺体は橙色です。
果実は球形の蒴果で、表面にいぼ状の突起があります。
果実は熟すと3つに割れます。

〔利用〕有毒植物です。
根茎は大戟(タイゲキ)といい、中国では民間薬として利用されますが、毒性が強いためで日本では内服しません。

〔備考〕背が高いトウダイグサという意味の名です。
名前 タカトウダイ (高灯台) 、ハクトウタイゲキ (白頭大戟)
花咲く季節 ? 6月、7月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、朝鮮、中国北部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 500〜800mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 杯状花序
花の色 ?
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 79527
検索サイトの検索キー ? タカトウダイ