おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

イワタイゲキ

トウダイグサ科 トウダイグサ属

Euphorbia jolkinii

〔基本情報〕
海岸の岩場でみられる多年草。
夏は地上部が枯れ、休眠します。
根と根茎が発達して大きな株になります。
茎や葉を傷つけると白色の乳液が出ます。
茎は長さ20~95cmで、多数出ます。
葉は互生する単葉で、長さ3.5~8cm、幅0.7~1.5cmの長楕円形~狭披針形です。
葉は枝先では輪生状になり、その中心から黄色の苞葉に包まれた杯状花序を出します。
茎の上部につく葉は花期には苞葉と同じく、黄色く色づきます。
花には花弁はありません。
果実は球形の蒴果で、表面にいぼ状の突起があります。

〔備考〕
乳液に触れるとかぶれます。
名前 イワタイゲキ (岩大戟)
花咲く季節 ? 1月、2月、3月、4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州:千葉県以西、伊豆諸島、四国、九州、琉球)、朝鮮半島南部、台湾
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 杯状花序
葉の色 ? 黄、緑
検索サイトの検索キー ? イワタイゲキ