葛の花でお茶newインスタ12月の過去記事

オオバベニガシワ

トウダイグサ科 アミガサギリ属

Alchornea davidii

〔基本情報〕原産地では渓谷沿いや落葉林内でみられる高さ1~5mの落葉低木。
葉は互生する単葉で、長さ8~15cm、幅7~14cmの心形~広卵形となり、縁には鋸歯があります。
新芽は鮮やかな赤色です。
葉柄は2~10cmです。
花には雄花と雌花があり、雄花序・雌花序とも前年の葉腋に出ます。
雄花・雌花とも花弁はなく、雄花には8個の雄しべがあり、雌花は糸状で赤い3本の花柱があります。
果実は蒴果です。

〔栽培〕増殖は挿木によります。
日当たりと水はけのよい土壌を好みます。
水やりは夏に晴天が続いて乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機質の肥料を株の周りに施します。
病虫害は特にありません。
名前 オオバベニガシワ (大葉紅柏) 、オオアカメガシワ (大赤芽柏) 、オオバアカメガシワ (大葉赤芽柏)
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 6月、7月
分布または原産地 ? 中国南部
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 11月、12月、2月、3月
葉の鑑賞期間 ? 3月、4月
草丈・樹高 ? 1000〜5000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ?
葉の色 ? 赤、緑
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 公園・庭園
検索サイトの検索キー ? オオバベニガシワ