ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

ハナカタバミ

カタバミ科 カタバミ属

Oxalis bowieana

〔基本情報〕
空き地や道端などでみられる高さ30~40cmの多年草。
地下に鱗茎と太くて長い根があります。
葉は鱗茎から叢生し、3小葉からなります。
小葉は長さ・幅とも4~5cmの倒心臓形で先端がへこみ、ハート形になります。
葉には30cmの葉柄があります。
葉よりも高く高さ40cmほどの散形花序を出し、8~12個の花をつけます。
花は径3~5cmで濃い紅紫色の5弁花で、中心部が黄色です。

〔来歴〕
江戸時代末期の文久年間(1861-1864)に観賞用として導入され、各地に野生化しています。

〔栽培〕
増殖は分球によります。
日当たりと水はけのよい場所であれば、容易に栽培でき、よく増えます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
乾燥には強いです。
施肥は特に必要ありません。
病虫害は特にありません。
名前 ハナカタバミ (花片喰) 、オキザリス
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 南アフリカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月
草丈・樹高 ? 300〜400mm
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 5
花の色 ? 紫、桃
花径 ? 30〜50mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 球根
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐乾性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
日本花き取引コード ? 24598
検索サイトの検索キー ? ハナカタバミ