レンゲイワヤナギnew12月の過去記事いいねしよう

ウメバチソウ

ニシキギ科 ウメバチソウ属

Parnassia palustris var. palustris


〔基本情報〕
山地の日当たりのよい湿地でみられ、高さ10~50cmになる多年草。
短い根茎をもちます。
葉には根出葉と茎葉があり、根出葉は長さ・幅とも1.5~4cmのまるい心臓形で、長い葉柄があります。
茎葉はふつう花茎に1個だけつき、葉柄はなく、基部がやや茎を抱きます。
葉の縁は全縁です。
高さ10~50cmの花茎の先に、径2~2.5cmで白色の5弁花を単生させます。
花弁はまるく、平らに開きます。
仮雄蕊は糸状に7~22裂して、先端に球状の腺体があります。
葯は灰白色です。
果実は長さ1~1.2cmの蒴果です。

〔利用〕
薬用にされます。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
水はけのよい土壌を好み、桐生砂や山野草用の土を使うとよいです。
秋~春は風通しのよい日向、初夏~夏は半日陰で風通しがよく涼しい場所に置きます。
水やりは水切れしないよう、春~秋は毎日与えますが、過湿にならないように注意します。
施肥は少なめでよく、春と秋に緩効性化成肥料を置き肥します。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
花の形を天満宮の紋章として有名な梅鉢紋に例えた名です。
名前 ウメバチソウ (梅鉢草) 、エゾウメバチソウ (蝦夷梅鉢草)
marsh grass of Parnassus、Northern grass-of-Parnassus、grass-of-Parnassus、bog-star
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、台湾、東アジア北部、サハリン、千島列島
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月
草丈・樹高 ? 100〜500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 20〜25mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 22667
検索サイトの検索キー ? ウメバチソウ
エバーグリーンポストでの記事 [ウメバチソウ]私のお気に入りウメバチソウ|ニシキギ科ウメバチソウ属|エバーグリーン