名熊の二本杉new7月の過去記事いいねしよう

クロツリバナ

ニシキギ科 ニシキギ属

Euonymus tricarpus

〔基本情報〕
日本海側の多雪地に多く、亜高山帯の林縁や雪崩斜面などでみられる高さ2~3mほどの落葉小高木。
当年枝は緑色で、前年枝は紫褐色、古い枝は灰色となります。
葉は対生する単葉で、長さ2.5~12cm、幅1.5~9cmの楕円形となり、表面は葉脈に沿って凹んでしわがあります。
葉の縁には細かい鋸歯があります。
葉柄は長さ0.5~1cmです。
花は新しい枝の芽鱗痕わきに出る集散花序に3~7個つきます。
花序には長さ2~4cmの柄があり、下垂します。
花には雄花と雌花があり、雄花は5弁花、雌花は3弁花となり、径8mmほどで暗紫色~暗赤褐色です。
果実は径1cmほどの球形の蒴果で、下向きに張り出す広い翼が3個つきます。
果実は赤色に熟し、3つに割れて、朱色の種子を出します。

〔栽培〕
増殖は実生と挿木によります。
水はけと水もちのよい土壌を好みます。
日当たりのよい場所で育てますが、夏の強い直射日光にあたると葉焼けをおこすことがあるので、夏は半日陰になる場所で管理するほうがよいです。
水やりは鉢植えや地植えでも植えつけ後2年未満の株は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
地植えで根づいた株は真夏に晴天が続き、ひどく乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機質の肥料を株のまわりに施します。
病虫害としてはうどんこ病やカイガラムシがあります。
名前 クロツリバナ (黒吊花) 、ムラサキツリバナ (紫吊花)
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州中部以北)、サハリン
生活型 ? 小高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 2000〜3000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 集散花序
花弁の数 ? 3;5
花の色 ? 茶、紫
花径 ? 8mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園
病害 ? うどんこ病
虫害 ? カイガラムシ
検索サイトの検索キー ? クロツリバナ

「クロツリバナ」への投稿写真