名熊の二本杉new7月の過去記事いいねしよう

ムラサキマユミ

ニシキギ科 ニシキギ属

Euonymus lanceolatus

下部が地表近くを這って伸びる常緑低木。
葉は対生し、葉身は革質で光沢があり、長さ6-12cmの披針形または長楕円状披針形、縁には波状の低鋸歯があり、鋸歯の先端は芒状です。
花は暗紫色の5弁花で、今年枝の葉腋に出て直立する花序に1-3個つき、花糸を欠く雄しべが5個花盤の上につきます。
果実は径8mmほどの球形で赤く熟し、種子は赤橙色の仮種皮に包まれています。
名前 ムラサキマユミ (紫真弓)
花咲く季節 ? 7月
分布または原産地 ? 日本(新潟県・長野県-鳥取県の日本海側)
指定植物 ? 日本固有種
検索サイトの検索キー ? ムラサキマユミ