図解ガイドnew花の色が変化しますnew6月の過去記事いいねしよう

カントウマユミ

ニシキギ科 ニシキギ属

Euonymus hamiltonianus subsp. sieboldianus var. sanguineus

〔基本情報〕
山地の林内や林縁にはえる高さ3mほどの落葉小高木。
当年枝は緑色で、なめらかです。
葉は対生する単葉で、長さ5~15cm、幅2~8cmの楕円形~長楕円形で、縁に波状の細かい鋸歯があります。
葉の裏面脈上に突起状の短毛が密にはえます。
葉は秋に紅葉します。
葉柄は長さ0.5~2cmです。
雌雄異株で、雄株・雌株とも花序や花の形は同じです。
当年枝の基部の芽鱗痕わきに1~2対、長さ2~4cmの集散花序をだし、1~7個の花がつきます。
花序には1.5~2cmの柄があり、花柄は5~7mmです。
花は径1cmほどで花弁は4枚あり、黄緑色です。
果実は径1cmほどの球形の蒴果で、4稜があり、角ばります。
果実は淡い紅色に熟し、4つに割れて、赤色の種子を吊り下げます。
名前 カントウマユミ (関東真弓、関東檀、関東檀弓) 、ユモトマユミ (湯元真弓、湯元檀、湯元檀弓) 、アカマユミ
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 10月、11月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、樺太
生活型 ? 小高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? マユミ
葉の鑑賞期間 ? 10月、11月
草丈・樹高 ? 3000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 集散花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
実の色 ? 赤、桃
葉の色 ? 赤、橙、緑
検索サイトの検索キー ? カントウマユミ

「カントウマユミ」への投稿写真