名熊の二本杉new7月の過去記事いいねしよう

ヒゼンマユミ

ニシキギ科 ニシキギ属

Euonymus chibae

暖帯-亜熱帯性の常緑小高木。海岸附近の林内に生え、高さ12mになります。1年枝や2年枝は4稜形で緑色です。
葉は二年生で1-4対対生し、葉身は長さ2.5-8cmの卵形-楕円形で、上半部の縁に大きな低鋸歯があります。
花は4数性、黄緑色で径8mmほど、当年枝の基部附近にある芽鱗痕の腋に生じる集散花序に2-7個つきます。総花柄は長さ1.5-4.5cmあり、直立します。雄しべは4個ですがほぼ無花糸。
果実は長さ1.5-2cmの蒴果で倒卵球形を呈し、4稜が目立ちます。果実の各室にふつう2個ある種子は橙赤色の仮種皮に包まれています。
長崎県の諌早で初めて発見されたので「肥前」の名が冠されたといわれています。
名前 ヒゼンマユミ (肥前真弓)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(山口県蓋井島、徳島県、大分県・長崎県・鹿児島県、沖縄島)、朝鮮南部
指定植物 ? EN:絶滅危惧IB類
検索サイトの検索キー ? ヒゼンマユミ