筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

アサダ

カバノキ科 アサダ属

Ostrya japonica

〔基本情報〕山地の落葉樹林内でみられる高さ15~20mになる落葉高木。
樹皮は逆むけ状に縦に薄くはがれて反り返ります。
若い小枝には毛と腺毛がはえます。
葉は互生する単葉で、長さ5~13cm、幅3~6cmの卵形~長楕円形です。
葉の縁には不規則な重鋸歯があります。
葉ははじめ白い軟毛が密にはえてビロード状ですが、のちに毛は裏面のみに残ります。
側脈は9~13対です。
花には雄花と雌花があります。
雄花序は長さ1.5~6cmの尾状花序で、前年の秋に出て、そのまま越冬し、葉の展開とともに開花します。
雌花序は新しい枝の先に上向きにつきます。
雌花は苞葉の中に包まれて2個ずつつきます。
果穂は直立または下垂し、長さ4~5cm、大きな苞が重なり合いミノムシのような形になります。
果実は堅果で苞につつまれます。
名前 アサダ 、ハネカワ 、ミノカブリ
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? 日本(北海道南部、本州、四国、九州:霧島山まで)、朝鮮(済州島、莞島)、中国(湖北省、四川省など)
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 15000〜20000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 重鋸歯
花のつき方 ? 尾状花序
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? アサダ

「アサダ」への投稿写真