東照宮の花newエバーグリーンのインスタ

アカシデ

カバノキ科 シデ属

Carpinus laxiflora

〔基本情報〕
やや湿り気のある肥沃な場所でみられる高さ10~15mの落葉高木。
若い枝はふつう紅褐色を帯び、はじめ長い毛がはえます。
小枝は紫色を帯びます。
葉は2列に互生する単葉で、長さ3~7cm、幅2~3.5cmの卵形~卵状楕円形です。
側脈は7~15対あります。
葉の縁には不規則な細かい重鋸歯があります。
春の新芽が特に赤くて美しく、秋には紅葉します。
花には雄花と雌花があり、ともに尾状花序につき、葉の展開とともに開きます。
雄花序は長さ4~5cmで前年の枝の葉腋から下垂し、雌花序は新枝に頂生します。
果実は堅果で苞に包まれます。
苞は長さ1~1.8cm、基部で3裂する長卵状三角形で、片側にだけ少数の粗い鋸歯があります。
果穂は長さ4~10cmの円柱形で、下垂します。
果穂には長さ2~3cmの柄があります。

〔利用〕
材を家具、器具材、床柱、シイタケ栽培の原木などに利用します。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木、取木によります。
日当たりと水はけ、水もちのよい土壌を好みます。
鉢植えは、真夏は土が乾きすぎないように半日陰に移します。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機質の肥料を施します。
病虫害は特にありません。
名前 アカシデ (赤四手) 、シデノキ 、ソロノキ 、コソロ 、コシデ
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 日本(北海道:西南部および十勝・釧路地方の太平洋側~九州)、朝鮮
ハーディネスゾーン ? 6a;9a
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 11月、12月、2月、3月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 10000〜15000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 重鋸歯
花のつき方 ? 尾状花序
花序の長さ ? 40〜50mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 盆栽、公園・庭園
有用 ? その他クラフト
日本花き取引コード ? 32127
検索サイトの検索キー ? アカシデ