春花壇にむけてnew / アロエを見に行く11月の過去記事

文一総合出版

シラカンバ

カバノキ科 カバノキ属

Betula platyphylla var. japonica

〔基本情報〕高さ30m、径1mに達する落葉高木。
明るい場所を好み、成長がはやく、沼沢地や山火事の跡などにしばしば純林をつくります。
樹形は卵形になります。
樹皮は白色で光沢があり、紙のように薄く横にはがれます。
葉は長枝では互生、短枝では2枚ずつつく単葉で、長さ5~9cm、幅4~7cmの卵状菱形~3角状広卵形です。
葉はやや厚みがあり、葉の縁には重鋸歯(まれに単鋸歯)があり、秋に黄葉します。
葉柄は長さ1~3.5cmです。
雄花と雌花があります。
雄花序は長さ5~7cm、幅0.4~0.7cmの尾状花序で長枝の先から1~2個が垂れ下がります。
雌花序は長さ3~4.5cm、幅0.8~1cmの円柱状で短枝の先に垂れ下がります。
風媒花です。
果実は下垂する果穂の中に多数含まれる扁平な翼果で、長さ2~3mm、幅4~5mmです。
果実には、果実の1.5~2倍の幅がある翼がつきます。

〔利用〕白い幹肌が美しいので、高原などで街路樹に利用されます。
樹皮がよく燃えるので、着火剤とされます。
材は家具材、内装、パルプ原料などにされます。

〔栽培〕増殖は実生、接木によります。
日当たりと水はけ、水もちのよい場所を好みます。
冷涼な地域であれば土質を選ばずよく育ちます。
それ以外の地域でも生育はしますが、寒冷地に比べると寿命が短く、幹の発色も劣ります。
水やりは株元が乾燥しないよう、土の表面が乾いたら与えるようにします。
施肥は特に必要ありません。
根付いた後の移植は嫌います。
病虫害としてはテッポウムシ(カミキリムシの幼虫)があります。
大気汚染にやや弱いです。

〔備考〕北海道を中心に花粉症の原因になっています。
名前 シラカンバ (白樺) 、シラカバ (白樺) 、ホソバシラカンバ (細葉白樺) 、エゾノオオシラカンバ (蝦夷大白樺) 、ガンピ (雁皮)
Japanese white birch、white birch
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州中北部)
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月
葉の鑑賞期間 ? 10月、11月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 30000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯、重鋸歯
花のつき方 ? 尾状花序
花序の長さ ? 30〜70mm
葉の色 ? 黄、緑
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、接木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 盆栽、公園・庭園
虫害 ? テッポウムシ(カミキリムシの幼虫)
有用 ? その他クラフト
日本花き取引コード ? 60160
検索サイトの検索キー ? シラカンバ