いよいよ最終ジャッジ!newインスタをフォロー6月の過去記事

オオバヤシャブシ

カバノキ科 ハンノキ属

Alnus sieboldiana

海沿いに多く生え、砂防緑化樹に利用される雌雄同株の落葉低-小高木。葉の側脈は12-16対、雌花序は1個ずつつき、秋に黒褐色の球果状となった果序は翌年の春まで枝に残ります。
名前 オオバヤシャブシ (大葉夜叉五倍子)
花咲く季節 ? 3月、4月
実のなる季節 ? 10月、11月
分布または原産地 ? 日本(関東-紀伊半島、伊豆諸島)
ハーディネスゾーン ? 8a;11b
指定植物 ? 日本固有種
検索サイトの検索キー ? オオバヤシャブシ