いいねしよう10月の過去記事

オオバヤシャブシ

カバノキ科 ハンノキ属

Alnus sieboldiana

〔基本情報〕
太平洋側の海岸近くの山地でみられる高さ5~10mの落葉低木または小高木。
低木状のものは根元からよく枝分かれします。
樹皮は灰褐色で、まるい皮目が多くあります。
葉は互生する単葉で、長さ6~12cm、幅3~6cmの卵形または三角状卵形となり、ほぼ無毛で厚みと光沢があり、裏面には腺点があります。
側脈は平行で11~16対あります。
葉の縁には鋭い鋸歯があります。
花には雄花と雌花があり、葉の展開とほぼ同時期に咲きます。
雄花は、前年枝の葉腋から1個ずつ下垂する長さ4~5cmで円柱形の尾状花序につきます。
雄花序に柄はありません。
雄花は小さく、鱗片状の苞の脇に3花ずつつき、花被は4裂し、雄しべは4個あります。
雌花は、雄花序の上に1個ずつ出る球花状の花序につきます。
雌花序には長さ1~2cmの柄があります。
雌花には花被はありません。
果穂は長さ2~2.5cmで楕円形の球果状になり、鱗片の内面に果実がつきます。
果実は扁平な堅果で、両側に翼があり、先端に花柱が残ります。

〔利用〕
果実や樹皮がタンニン剤・媒染剤などに利用されます。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木によります。
共生菌により痩せ地でもよく育ちます。
日当たりのよい場所に植栽します。
病虫害は特にありません。
名前 オオバヤシャブシ (大葉夜叉五倍子)
花咲く季節 ? 3月、4月
実のなる季節 ? 10月、11月
分布または原産地 ? 日本(本州:福島県~和歌山県、八丈島)
ハーディネスゾーン ? 8a;11b
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 低木、小高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 11月、12月、1月、2月、3月
草丈・樹高 ? 5000〜10000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 尾状花序
花序の長さ ? 40〜50mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 公園・庭園、法面緑化
有用 ? その他クラフト
日本花き取引コード ? 54181
検索サイトの検索キー ? オオバヤシャブシ