ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

ツクバネガシ

ブナ科 コナラ属

Quercus sessilifolia

〔基本情報〕
沢沿いの斜面などでみられる高さ20m、幹径60cmにもなる常緑高木。
樹皮は縦に割れます。
葉は互生する単葉で、長さ5~12cmの広披針形です。
葉の表面ははじめ軟毛がはえますが、のちに無毛となって光沢があります。
葉の裏面にもはじめ星状軟毛が密にはえますが、のちに無毛となります。
葉の上半分の縁には低い鋸歯があります。
葉柄は長さ0.4~1.2cmです。
花には雄花と雌花があります。
雄花は長さ6~7cmの尾状花序となり、絹毛が密にはえ、新枝の下部に数個下垂します。
雌花序は新枝の上部の葉腋に直立します。
果実は径1.2~1.5cmで卵円形~楕円形の堅果(どんぐり)で、翌年の秋に熟し、殻斗(どんぐりの帽子)は杯状で、総苞片は環状に並びます。

〔利用〕
材は紋様が美しく、床柱や楽器などに利用されるほか、紫檀の代用にもされます。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
どんぐりは乾燥させると発芽率が落ちるので、とりまきにするか、春まで湿らせて保存します。
日当たりと風通し、水はけがよく、やや湿り気のある肥沃な土壌を好みます。
施肥は寒肥として有機肥料、秋に緩効性化成肥料を施します。

〔備考〕
枝先に葉が集まってつく様子を衝羽根にたとえた名です。
名前 ツクバネガシ (衝羽根樫)
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(宮城県・富山県以西、四国、九州)
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月、7月、9月、10月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 20000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 尾状花序
花序の長さ ? 60〜70mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 生垣、公園・庭園
有用 ? その他クラフト
日本花き取引コード ? 55105
検索サイトの検索キー ? ツクバネガシ

「ツクバネガシ」への投稿写真