筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

文一総合出版

イラクサ

イラクサ科 イラクサ属

Urtica thunbergiana

〔基本情報〕山地の林内や林縁の湿った場所でみられる高さ40~80cmの多年草。
全体にもろくて鋭い刺毛がはえ、触れると激痛を感じることで有名です。
茎は叢生し、円柱状で、下向きの毛が密にはえます。
葉は対生する単葉で、長さ5~15cm、幅4~10cmの卵形で先が尾状にとがります。
葉の表面にはまばらに毛がはえ、裏面の脈上には短毛がはえます。
葉の縁にはしばしば重鋸歯となる欠刻状の鋸歯があります。
托葉は長さ7~8㎜で合着して、長楕円形、先が2裂することがあります。
花には雄花と雌花があります。
葉腋から穂状花序を出し、茎の上方には雌花序、下方には雄花序がつきます。
雄花・雌花とも小さく、淡い緑色の4弁花です。
果実は長さ1㎜ほどの扁平な痩果です。

〔利用〕全草を蕁麻(ジンマ)とよび局所刺激など、薬用として用います。
名前 イラクサ (刺草、荊草、苛草、蕁草) 、イタイタグサ
花咲く季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、朝鮮
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 400〜800mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯、重鋸歯、欠刻
花のつき方 ? 穂状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? イラクサ