ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

マルバハイミズ

イラクサ科 ミズ属

Pilea nummulariifolia

〔基本情報〕
常緑多年草。
ひも状で細い茎がよく枝分かれして、匍匐し、節から根を出して増え広がります。
葉は対生する単葉で、径2.5cmほどの小さな円形で、葉の縁にはまるい鋸歯があります。
葉には毛茸があります。
雌雄異株です。
花は葉腋に花序をなしてつきますが、非常に小さく目立ちません。

〔栽培〕
増殖は株分け、挿木によります。
温暖で多湿な環境を好み、冬は5℃以上を保つようにします。
土に植える場合は水はけと水もちのよい土壌に植え、春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理します。
耐陰性はありますが、年間を通じて日当たりがよい場所に置く方が生育がよいです。
施肥は春~秋に2か月に1回緩効性化成肥料を施すか、2週間に1回程度うすめた液肥を施します。
病虫害としてはアザミウマやアブラムシがあります。
名前 マルバハイミズ 、ピレア ヌンムラリーフォリア 、クリーピング チャーリー
creeping charlie
分布または原産地 ? フロリダ~ペルー、カリブ海
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
形状 ? 匍匐
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? ハイドロカルチャー、鉢植、壁面緑化
虫害 ? アザミウマ、アブラムシ
日本花き取引コード ? 48476
検索サイトの検索キー ? マルバハイミズ