日光のスギいいね!しよう

カラムシ

イラクサ科 ヤブマオ属

Boehmeria nivea var. concolor f. nipononivea

〔基本情報〕
人家の近くでみられ、高さ1~1.5mになる多年草。
茎には上向きの短い伏した毛が密にはえます。
葉は互生する単葉で、広卵形で先は尾状にとがり、縁にはそろった低い鋸歯があります。
葉の裏面には白色の綿毛が密にはえます。
葉柄には短い伏した毛が密にはえます。
花には雄花と雌花があります。
雄花序は茎の下方の葉腋、雌花序は上方の葉腋から出て、ともに円錐状です。
果実は痩果です。

〔利用〕
古くから茎の皮の繊維をとるために栽培され、織物に利用され、越後上布などの原料となります。
根を薬用とします。
名前 カラムシ (茎蒸) 、クサマオ (草麻苧) 、マオ (麻苧) 、チョマ (苧麻)
花咲く季節 ? 7月、8月、9月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州、琉球)、台湾、中国中南部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 多年草
草丈・樹高 ? 1000〜1500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
有用 ? 薬用、その他クラフト
日本花き取引コード ? 44451
検索サイトの検索キー ? カラムシ