道でよく見かけるアレですnewいいね!しよう10月の過去記事

文一総合出版

ハルニレ

ニレ科 ニレ属

Ulmus davidiana var. japonica

高さ30mにもなる落葉高木。
山地の斜面下部から谷筋、平坦な湿潤地などにはえ、優占する湿地林を形成します。樹皮は不規則にはがれます。葉は基部が左右非相称になる楕円形で、重鋸歯があり、表面はざらつきます。花は春に咲き、黄緑色です。果実には広い翼があります。
北海道では巨木が多く、枝をいっぱいに広げた堂々とした姿に圧倒されます。
名前 ハルニレ (春楡) 、ニレ 、ツクシニレ 、テリハニレ
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 6月、7月
分布または原産地 ? 日本(北海道-九州)、朝鮮、中国北部・東北部
ハーディネスゾーン ? 5a;9a
検索サイトの検索キー ? ハルニレ