葛の花でお茶newインスタ12月の過去記事

シモツケ

バラ科 シモツケ属

Spiraea japonica var. japonica

〔基本情報〕
山地の日当たりがよい林縁や湿原、草原などでみられる高さ0.5~1.5mの落葉低木。
若い枝は赤褐色です。
葉は互生する単葉で、長さ3~9cm、幅0.8~4cmの楕円形~広卵形で、葉の縁には鋸歯があります。
今年出た枝の先に複散房花序を出し、径3~6㎜で淡い紅色または白色の5弁花を多数つけます。
花には長く突き出る雄しべが23~30本あります。
果実は袋果です。

〔利用〕
中国では根や葉を民間薬として利用します。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木によります。
日当たりと水はけがよく、腐植質に富んだ土壌を好みます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に晴天が続いてひどく乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は鉢植えの場合は春に緩効性化成肥料を置き肥し、地植えでは特に必要ありません。
病虫害としてはうどんこ病、カイガラムシなどがあります。
名前 シモツケ (下野) 、ホソバシモツケ (細葉下野)
Japanese meadowsweet、Japanese spiraea、Korean spiraea
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、朝鮮、中国、チベット
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、10月、11月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 500〜1500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 複散房花序
花弁の数 ? 5
花の色 ? 桃、白
花径 ? 3〜6mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 盆栽、鉢植、生垣、花壇、切花、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
病害 ? うどんこ病
虫害 ? カイガラムシ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 19272
検索サイトの検索キー ? シモツケ