オランダガラシって?newローズメイカー6月の過去記事いいねしよう

文一総合出版

バライチゴ

バラ科 キイチゴ属

Rubus illecebrosus var. illecebrosus

〔基本情報〕
落葉樹林の林縁などでみられる高さ10~60cmの落葉小低木。
長く横にのびる地下茎をもちます。
茎には下向きのかぎ状の刺があります。
葉は互生する奇数羽状複葉で、3~7枚の小葉からなります。
小葉は長さ3~8cm、幅1~2cmの披針形で、縁に重鋸歯があります。
葉柄にはまばらに刺があります。
枝先に散房花序を出し、径2.5~4cmの白色の5弁花を、1~数個つけます。
花柄は長さ1.5~2cmでまばらに刺があります。
果実は球形~楕円形の集合果で紅色に熟し、食べられます。

〔利用〕
果実を薬用とします。
名前 バライチゴ (薔薇苺) 、ミヤマイチゴ (深山苺)
花咲く季節 ? 6月、7月
実のなる季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州:関東地方以西、四国、九州:屋久島まで)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 亜低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 100〜600mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 重鋸歯
花のつき方 ? 散房花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 25〜40mm
実の色 ?
葉の色 ?
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 81199
検索サイトの検索キー ? バライチゴ