筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

クマイチゴ

バラ科 キイチゴ属

Rubus crataegifolius

〔基本情報〕伐採跡地や林縁、日当たりがよい荒地などでみられる高さ1~3mの落葉低木。
茎はよく枝分かれし、かぎ状の刺を多くつけます。
葉は互生し、長さ4~6cmの広卵形で、3~5つに浅~中裂します。
葉の裏面の脈上にかぎ状の刺があり、縁には不規則な鋸歯があります。
葉柄は長さ2~5cmで、かぎ状の刺があります。
3~5枚の葉をつける花枝の葉腋と枝先に、数個の花が集まってつきます。
花枝と小花柄には軟毛が密にはえます。
花は径1~1.5cmほどで白色の5弁花です。
萼に軟毛がはえます。
果実は径1cmで球形の集合果で紅色に熟し、食べられます。
名前 クマイチゴ (熊苺) 、エゾクマイチゴ (蝦夷熊苺) 、エゾノクマイチゴ (蝦夷熊苺) 、タチイチゴ
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
実のなる季節 ? 5月、6月、7月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、中国東北部~北部
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 1000〜3000mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 10〜15mm
実の色 ?
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 75947
検索サイトの検索キー ? クマイチゴ