山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ミツバツチグリ

バラ科 キジムシロ属

Potentilla freyniana

〔基本情報〕
日当たりのよい草地や道ばたでみられる高さ5~20cmの多年草。
太く短い根茎をもちます。
全体に短い毛がはえます。
1~6本の匍匐枝をのばして広がります。
葉は根出するほか、匍匐枝にも数個つきます。
根出葉は3出複葉で、小葉は長さ1~5cm、幅0.6~3cmの楕円形~卵形となります。
葉の裏面はしばしば紫色を帯びる緑白色で、葉の縁には鋸歯があります。
長さ3~5cmの葉柄をもちます。
集散花序に2~10個の花をつけます。
花は径0.8~1.5cmで黄色の5弁花です。
果実は痩果です。
名前 ミツバツチグリ (三葉土栗)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、中国(北部・東北部)、ウスリー、アムール
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 50〜200mm
葉の形 ? 3出複葉
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 集散花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 8〜15mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ミツバツチグリ