ケンポナシnewいいねしよう1月の過去記事

シコクシモツケソウ

バラ科 シモツケソウ属

Filipendula tsuguwoi

〔基本情報〕
石灰岩や蛇紋岩からなる山地の稜線でみられる高さ30~70cmの多年草。
茎は直立し、稜があります。
葉には根出葉と茎葉があります。
茎につく葉は互生する奇数羽状複葉で、側小葉は3~5対あり、長さ2cm、幅1.5cmほどの卵形です。
頂小葉は径6~13cmの円形で、掌状に5~7裂し、基部が深い心形となります。
葉の表面にはしばしば短い刺毛がはえ、裏面脈上には黄褐色の縮れた毛がはえます。
葉の縁には重鋸歯または欠刻状の鋸歯があります。
葉柄は無毛で、托葉は草質です。
雌雄異株です。
茎先に散房花序を出し、径4mmほどの白色の5弁花を多数つけます。
多数の長い雄しべがめだちます。
花柄と花序軸にはふつう黄褐色の縮れた毛がはえます。
果実は卵形の痩果で、ややねじれます。
名前 シコクシモツケソウ (四国下野草)
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(四国、九州:宮崎県)
指定植物 ? VU:絶減危惧II類、日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? シモツケソウ
草丈・樹高 ? 300〜700mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯、重鋸歯
花のつき方 ? 散房花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 4mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? シコクシモツケソウ

「シコクシモツケソウ」への投稿写真