硬い殻のオニグルミnew5月の過去記事いいねしよう

クロバナロウゲ

バラ科 クロバナロウゲ属

Comarum palustre

〔基本情報〕山地の沼地や湿原に群生する高さ30~60cmの多年草。
茎はやや太く、下部が地を這って枝分かれし、上部は直立します。
茎には絹毛がはえます。
葉は互生し、5~7小葉からなる奇数羽状複葉です。
小葉は長さ4~7cmの長楕円形で、裏面は粉白色を帯びて絹毛がはえ、縁には少数の鋸歯があります。
托葉をもちます。
茎先に集散花序を出し、数個の花をつけます。
花は径15~20mmで暗紅褐色の5弁花で、花弁は先が著しくとがる卵形です。
萼片は花弁より長く、毛があり、先がとがる狭卵形です。
副萼片は小さく、緑色です。
花床には毛があり、花後にすこしふくらみます。
果実は痩果です。

〔栽培〕増殖は株分けと実生によります。
日当たりがよく、水保ちと排水のよい場所を好みます。
栽培は容易ですが、夏場は水切れしないように注意が必要です。
名前 クロバナロウゲ (黒花狼牙) 、ケクロバナロウゲ (毛黒花狼牙)
purple marshlocks、swamp cinquefoil、marsh cinquefoil
花咲く季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州:東北地方、日光、尾瀬)、北半球亜寒帯
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
草丈・樹高 ? 300〜600mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 集散花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 15〜20mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、コンテナ
検索サイトの検索キー ? クロバナロウゲ