町中でも観られる黄葉newインスタをフォロー10月の過去記事

タカネザクラ

バラ科 サクラ属

Cerasus nipponica var. nipponica

〔基本情報〕風衝地では地を這い低木状になる高さ1~12mの落葉小高木~高木。
本州中部では標高1,500~2,800mにみられます。
樹皮は暗い灰色で光沢があり、皮目が点在します。
1年目の枝は無毛です。
低木状のものは枝が水平にのびることが多いです。
葉は長さ4.2~10.2cm、幅3.2~6.5cmの倒卵形~倒卵状楕円形で、先端は尾状にとがり、基部は左右にゆがみます。
葉の両面はふつう無毛です。
葉の縁には欠刻状で先が腺で終わる鋭い重鋸歯があります。
葉柄は長さ8~12mmで無毛、上部に2個の蜜腺があります。
葉の展開と同時に開花します。
花は前年枝の葉腋につく散形花序に2~3個つき、淡紅色の5弁花で径1.6~2.3cmです。
花弁は長さ1.2~1.3cmの広倒卵形~広楕円形です。
雄しべは28~33個ほどで花柱とほぼ同じ長さです。
萼筒は長さ6~7mmの鐘形、萼裂片は長さ4mmで全縁です。
花柄は2mm、小花柄は1.4~2.2cmで、ふつう無毛です。
果実は径7~8mmの球形で黒紫色に熟し、甘酸っぱいです。

〔栽培〕増殖は実生、挿し木、接ぎ木によります。
日当たりと水はけがよい場所を好みます。
庭植えで大木になって困る場合は、木の大きさをコントロールするため、布ポットで根が張るスペースを抑制するとよいです。
苗木のうちは株もとにワラを敷くなどして霜を防ぎます。
また、必要がなければむやみに枝を切らない方がよいです。
病虫害が多いため、注意が必要です。
名前 タカネザクラ (高嶺桜) 、ミネザクラ (嶺桜、峰桜)
Japanese alpine cherry、Nipponese cherry
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 6月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州中部以北)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 小高木、高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 1月、2月、3月、12月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 1000〜12000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 重鋸歯
葉の特記事項 ? 蜜腺
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 16〜23mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木、接木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、鉢植、公園・庭園、コンテナ
検索サイトの検索キー ? タカネザクラ