桃色のカリンnew今日は菖蒲湯にいいねしよう

マメザクラ

バラ科 サクラ属

Cerasus incisa var. incisa

〔基本情報〕高さ3~8mの落葉低木~小高木。
富士山麓や箱根近辺で多くみられます。
幹が基部から分岐して傘状の樹形となります。
樹皮は紫褐色で、不規則に浅く割れ、横に並ぶ皮目が点在します。
1年目の枝は無毛、まれに有毛です。
葉は長さ2.8~4.8cm、幅1.5~3cmの倒卵形~卵形で、葉の先は長く尾状にとがり、基部は円形~鈍形となります。
葉の縁にはやや鋭い欠刻状の重鋸歯があります。
葉の両面に伏した毛があり、裏面にはやや密にはえます。
葉柄は長さ5~9mmで斜上毛または伏した毛がはえます。
蜜腺は葉の基部に2個つきます。
葉の展開と同時かやや早く開花します。
花は葉腋に出る散形花序に1~3個下向きにつき、白色~淡紅色の5弁花で、径1.6~2cmです。
花弁は長さ7~12mm、幅6~9mmの倒卵形です。
雄しべは約38個で、花柱より短いです。
花柱は長さ11~13mmで、子房の5倍以上の長さがあります。
萼筒は長さ5~6mmの筒形で萼裂片の2.5倍ほどの長さです。
萼裂片は卵状楕円形で全縁、開花時にほぼ平開します。
萼筒、萼裂片とも濃い紅色を帯びます。
花柄はごく短く、小花柄は長さ1.2~1.9cmで、斜上する短い毛が密生します。
果実は径8mmほどで黒く熟します。

〔栽培〕増殖は実生、挿し木、接ぎ木によります。
日当たりと水はけがよい場所を好みます。
庭植えで大木になって困る場合は、木の大きさをコントロールするため、布ポットで根が張るスペースを抑制するとよいです。
苗木のうちは株もとにワラを敷くなどして霜を防ぎます。
また、必要がなければむやみに枝を切らない方がよいです。
病虫害が多いため、注意が必要です。
名前 マメザクラ (豆桜) 、フジザクラ (富士桜) 、ハコネザクラ (箱根桜) 、コメザクラ (米桜)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
実のなる季節 ? 6月、7月
分布または原産地 ? 日本(関東地方、中部地方)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 低木、小高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ブコウマメザクラ、ヤブザクラ
植え付け(または播種)季節 ? 1月、2月、3月、12月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 3000〜8000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 重鋸歯
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 5
花の色 ? 白、桃
花径 ? 16〜20mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木、接木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、鉢植、公園・庭園、コンテナ
検索サイトの検索キー ? マメザクラ
エバーグリーンポストでの記事 [ジュウガツザクラ]狂い咲き……ではありません!|バラ科サクラ属|エバーグリーン