筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ザイフリボク

バラ科 ザイフリボク属

Amelanchier asiatica

〔基本情報〕高さ12mほどにもなる落葉低木~高木。
枝には若いときには白色~灰白色の軟毛がはえます。
葉は互生する単葉で、長さ4~9cm、幅2.5~4cmの倒卵形~楕円形で、縁に細かい鋸歯があります。
葉は初めは白色の綿毛に密に覆われていますが、のちにほとんど無毛となります。
葉柄は長さ1~2.5cmで白い軟毛がはえます。
長さ8~12mmで線形の早落する托葉があります。
枝の先に長さ4~7cmの総状花序を出し、10個ほどの花をつけます。
花は白色の5弁花で、花弁は長さ15mm、幅5mmと細長いです。
雄しべは約20個、雌しべの花柱は5本ありますが下部が合生しています。
果実は径6~10mmほどの球形の梨果で、初夏に紫黒色に熟し、萼裂片が王冠状に残ります。

〔栽培〕増殖は実生、挿木、取木によります。
実生で増やす場合は種子は積層処理をおこなった方が発芽率がよくなります。
日当たりのよい場所を好み、乾燥を苦手とします。
強健で土質は選びません。
大きくなるので庭植えが向きます。
庭植えの場合、よほど乾燥が続かないかぎりは水やりは必要ありません。
鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。
施肥は冬に、寒肥として緩効性化成肥料や油かすを施します。
病虫害として火傷病、イラガ、アブラムシ、カミキリムシがあります。

〔備考〕名は花の形を采配に例えたものです。
名前 ザイフリボク (采振木) 、シデザクラ (四手桜)
Korean juneberry、Asian serviceberry
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
実のなる季節 ? 6月、7月
分布または原産地 ? 日本(本州:岩手県以南、四国、九州)、朝鮮、中国
生活型 ? 低木、小高木、高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 11月、12月、1月、2月、3月
形状 ? 直立、分枝
草丈・樹高 ? 12000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花序の長さ ? 40〜70mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木、取木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、鉢植、公園・庭園
病害 ? 火傷病
虫害 ? イラガ、アブラムシ、カミキリムシ
日本花き取引コード ? 54185
検索サイトの検索キー ? ザイフリボク