みかんを残さずnew年間ランキング1月の過去記事いいねしよう

キンミズヒキ

バラ科 キンミズヒキ属

Agrimonia pilosa ver. japonica

〔基本情報〕
山野で普通にみられる高さ50~100cmの多年草。
肥厚した根茎をもちます。
茎は枝分かれし、毛が多くはえます。
葉は互生し、5~9小葉からなる奇数羽状複葉です。
小葉は菱状の長楕円形~倒卵形で先がとがり、縁に粗い歯牙があります。
葉の裏面には白色の腺点が数多くあります。
托葉は半卵形で鋸歯があります。
茎先に総状花序を出し、やや密に花をつけます。
花は径7~10mmで黄色い5弁花です。
花弁は長さ3~6mm、幅1.5~2mmの倒卵形です。
雄しべは8~14本あります。
果時の花床筒は長さ5~6mm、径4~5mmの倒円錐形で、上側の縁に長さ3mmのかぎ状の刺があり、この刺で動物について運ばれます。

〔利用〕
全草を薬用とします。

〔栽培〕
増殖は株分け、実生によります。
日向~半日陰で、水はけと風通しのよい場所を好みます。
栽培は容易です。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
ヒメキンミズヒキは小葉数が3~5小葉と少なく、小葉の先があまりとがらず、花が径5~7mmと小さく、花弁は細く、雄しべも5~8本と数が少ないことで区別できます。
名前 キンミズヒキ (金水引)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、中国、インドシナ、サハリン、ウスリー、南千島
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ヒメキンミズヒキ
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
草丈・樹高 ? 500〜1000mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 歯牙
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 7〜10mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 公園・庭園、コンテナ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 58565
検索サイトの検索キー ? キンミズヒキ
エバーグリーンポストでの記事 [キンミズヒキ]可憐な花がブラシ状に集まって|バラ科キンミズヒキ属|エバーグリーン