筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ベニバナツメクサ

マメ科 シャジクソウ属

Trifolium incarnatum

〔基本情報〕
高さ20~50cmになる一年草または多年草。
全体に淡い黄褐色の軟毛が密にはえます。
茎は枝分かれしないか基部のみで枝分かれして立ち上がり、長さ80cmほどまで伸びます。
葉は互生して3小葉からなります。
小葉は長さ・幅とも0.8~1.6cmの倒心臓形で先端がへこみ、上部に鋸歯があります。
葉には長い葉柄があります。
茎先の葉腋から長さ1.5~5cm、径1.5~2cmで円柱状の総状花序を出し、濃い赤色で長さ1~1.3cmの蝶形花を密につけます。
花序は咲き進むにつれて、伸びます。
果実は豆果です。

〔来歴〕
明治初期に牧草として導入されました。

〔利用〕
全草を飼料や緑肥として用います。
花は薬用として利用されます。
葉はハーブティーやサラダにもされます。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
日当たりと水はけ、風通しのよい場所を好みます。
冷涼な環境を好み、夏の高温多湿にあうと枯れることがあります。
環境が合えば、根づいてしまえば放任でも良く育ちます。
水やりは鉢植えでは土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
肥料は根粒菌によって窒素を合成できるので、特に必要なく、肥料を与えすぎると根腐れの原因になります。
病虫害は特にありません。
名前 ベニバナツメクサ (紅花詰草) 、ベニバナウマゴヤシ (紅花馬肥) 、クリムソンクローバー 、ストロベリーキャンドル 、ストロベリートーチ 、オランダレンゲ、スカーレットキャンドル
crimson clover、Italian clover
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
分布または原産地 ? ヨーロッパ~西アジア
生活型 ? 一年草、多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、10月、11月
草丈・樹高 ? 200〜500mm
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
花序の長さ ? 15〜50mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? グラウンドカバー、鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
食用 ?
有用 ? 薬用、食用、飲用
日本花き取引コード ? 16063
検索サイトの検索キー ? ベニバナツメクサ