さくらと紅葉を同時にnewインスタ12月の過去記事

ハリエンジュ

マメ科 ハリエンジュ属

Robinia pseudoacacia

〔基本情報〕高さ25mになり、刺がある落葉高木。
葉は互生する奇数羽状複葉で、5~10対の側小葉があります。
小葉は長さ2.5~5cmの楕円形で、両面に伏した毛がはえ、縁は全縁です。
托葉は刺に変化しています。
葉腋から偽総状花序が下垂し、密に花をつけます。
花は長さ2cmほどで白色の蝶形花で、旗弁には黄色い斑点があります。
花には芳香があります。
果実は長さ5~10cm、幅1.5~1.8cmの豆果で、3~10個の種子を含み、エンジュとは異なりくびれません。

〔来歴〕明治8年(1875)ごろに渡来したとされ、各地で野生化しています。

〔利用〕街路樹や砂防に利用されます。
蜜源植物として有名で「アカシアのハチミツ」はこの植物の蜂蜜を指します。
また、花は薬用として利用されるほか、てんぷらにして食べられます。

〔栽培〕増殖は実生、接木、根伏せによります。
日当たりがよい場所であれば、土質は選びません。
やや乾燥した場所のほうが向きますが、適応力があります。
環境が合えば、根づいてしまえば放任でも良く育ちます。
根が浅いので、大木では強風で倒れたり、幹折れすることがあります。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
肥料は根粒菌によって窒素を合成できるので、特に必要ありません。
病虫害としては胴枯病、炭疽病、うどんこ病、褐斑病、アメリカシロヒトリ、アブラムシ、テッポウムシ(カミキリムシの幼虫)などがあります。
名前 ハリエンジュ (針槐) 、ニセアカシア 、アカシア(誤称)
false acacia、bastard acacia、black locust
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 10月
分布または原産地 ? 北アメリカ中部~南東部
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? エンジュ
植え付け(または播種)季節 ? 1月、2月、3月、11月、12月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 25000mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 偽総状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、接木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 盆栽、公園・庭園、街路樹
病害 ? 胴枯病、炭疽病、うどんこ病、褐斑病
虫害 ? アメリカシロヒトリ、アブラムシ、テッポウムシ(カミキリムシの幼虫)
食用 ?
有用 ? 薬用、食用
日本花き取引コード ? 23684
検索サイトの検索キー ? ハリエンジュ