おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

オジギソウ

マメ科 オジギソウ属

Mimosa pudica

〔基本情報〕
高さ30~50cmになる多年草ですが、寒さに弱いため一年草として扱われます。
茎はよく枝分かれして、褐色の毛と鋭いとげがあります。
葉は互生する2回偶数羽状複葉で、1~2対のほぼ対生する長さ3~8cmの羽片がつきます。
それぞれの羽片には長さ6~15mm、幅1.5~3mmほどで狭楕円形~線状披針形の小葉が10~20対つきます。
葉は手でふれるたり、暗くなると閉じてたれ下がります。
径1cmほどの頭状花序を出し、ピンク色の花がつきます。
花は長く伸びた雄しべがブラシ状にめだちます。
果実は長さ1~2cm、幅0.5cmの扁平で節のある豆果で、縁に剛毛と刺があります。
熟すと節ごとに切り離されて落ちます。

〔来歴〕
江戸時代(天保12年 1841年)に観賞用として渡来したとされます。

〔利用〕
全草が薬用にされます。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
実生は種皮がかたいため、傷をつけてから播くか、60℃のお湯に30分浸け、そのまま半日~2日浸けてから播きます。
発芽適温は25℃以上です。
日当たりと水はけがよい場所を好みます。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
肥料は特に必要ありません。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
葉をたたむ様子から名がつきました。
名前 オジギソウ (お辞儀草) 、ネムリグサ (眠り草) 、ミモザ
sensitive plant、sleepy plant、action plant、Dormilones、touch-me-not、shameplant、zombie plant、shy plant
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 中央アメリカ~南アメリカ
生活型 ? 一年草、多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月
草丈・樹高 ? 300〜500mm
葉の形 ? 偶数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 21608
検索サイトの検索キー ? オジギソウ