筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ミヤコグサ

マメ科 ミヤコグサ属

Lotus corniculatus var. japonicus

〔基本情報〕
道端や海岸、堤防などで普通にみられる多年草。
茎は長さ5~40cmで根元からよく枝分かれして、地面を這い、茎先は斜めに立ち上がります。
茎には節ごとに葉を互生させます。
葉は5枚の小葉をもつ奇数羽状複葉ですが、基部の1対が小さく托葉状になるため、3出複葉にみえます。
小葉は倒卵形で厚みがあり、粉をふいたように白っぽい緑色になります。
花茎の先に散形状に1~3個の花がつき、花の基部には葉とほぼ同じ形で3出する苞がつきます。
花は鮮やかな黄色の蝶形花です。
果実は長さ2~3.5cmで細長い円柱状の豆果で熟すと2片にねじれて裂け、20個ほどの種子が出ます。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
日当たりと水はけのよい場所であれば容易に育ちます。
名前 ミヤコグサ (都草) 、エボシグサ (烏帽子草)
花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、朝鮮、中国、台湾、ヒマラヤ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
形状 ? 匍匐、分枝
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 散形花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? グラウンドカバー
日本花き取引コード ? 74531
検索サイトの検索キー ? ミヤコグサ