筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ミヤギノハギ

マメ科 ハギ属

Lespedeza thunbergii subsp. thunbergii f. thunbergii

〔基本情報〕
高さ2mに達する大型の多年草。
枝はしなやかで長く伸びて先端が垂れ下がり、伏した白い毛がはえます。
葉は互生し、3小葉からなる複葉で、小葉は長さ4~6cmの楕円形です。
葉の表面は無毛もしくは主脈のみまばらに白い毛がはえ、裏面には伏した毛がはえます。
葉の縁は全縁です。
托葉は小さく、披針形です。
花は蝶形花で、葉腋につく複総状花序に2個ずつらせん状につきます。
花色は紅紫色です。
豆果は熟しても割れません。

〔栽培〕
日当たりを好み、栽培は容易で、多湿でない土壌であれば痩地や乾燥地でも育ちます。
寒さに強いですが、地上部の大部分は冬に枯れてしまうので地際まで切り詰め、翌年新しい枝を伸ばすようにします。
移植は葉の出ていない期間であれば容易です。
名前 ミヤギノハギ (宮城野萩)
Thunberg's bushclover、Thunberg's lespedeza、shrub lespedeza
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月、10月、11月
実のなる季節 ? 10月、11月
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 11月、12月、1月、2月、3月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 2000mm
葉の形 ? 3出複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 複総状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、鉢植、生垣、花壇、公園・庭園、法面緑化
病害 ? さび病
虫害 ? アブラムシ
日本花き取引コード ? 21606
検索サイトの検索キー ? ミヤギノハギ