おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

トウコマツナギ

マメ科 コマツナギ属

Indigofera bungeana var. bungeana

〔基本情報〕
高さ40~100cmになる落葉低木。
ときに4mに達するものもあります。
茎や葉に丁字形に分岐する白い毛がはえます。
葉は互生する奇数羽状複葉で、5~11枚の小葉からなります。
小葉は長さ0.5~2.5cm、幅0.3~1.5cmの楕円形です。
葉腋から長さ4~10cmの総状花序を出し、淡い紅色で長さ0.4~0.6cmの蝶形花をやや密につけます。
果実は長さ2~2.5cmで円柱状の豆果です。

〔来歴〕
法面緑化用に中国から導入されました。

〔備考〕
コマツナギと同種とする見解もあります。
名前 トウコマツナギ (唐駒繋) 、キダチコマツナギ (木立駒繋)
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 中国
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 400〜1000mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
花序の長さ ? 40〜100mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
日照条件 ? 日向
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 法面緑化
検索サイトの検索キー ? トウコマツナギ